<< 剣刃編を振り返ってみよう!2 | main | 剣刃編を振り返ってみよう! >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


剣刃編を振り返ってみよう!

ドーモ、ミナ=サン。
westernです。

夏も終盤に差し掛かり、電柱にくっついているセミの鳴き声も悲しげに聞こえる今日この頃。いかがお過ごしでしょうか?

さて。
引き続き剣刃編を振り返ってみる記事を。今回は「光輝剣武(シャイニングストーム)」。
以下続きからで。
○「光輝剣武」
剣刃編第3弾。物語は中盤になり、ツルギのキースピリットが強化されるものの、光の力を失う。
ゲーム的には、この頃からバトスピチャンピオンシップ2013聖剣大戦がスタート。そして、ほぼ同時期に新制限環境となり、セイリュービが禁止カードの仲間入り。これが原因か、「乱剣戦記」環境で良く見られたリーフシードラが抑えられてきたイメージであり、緑≧白>その他な環境に仕上がってくる。



《ボルカニックブレイク》
ネクサス大量破壊からのドロー。バスターハンマーを相手だけ撃つ(ネクサスデッキには)恐ろしいカード。

《光輝龍皇シャイニング・ドラゴン・アーク》
【強化】持ちにシンボル追加や自身の焼き効果など、着実に強化されたツルギのキースピリット…。
販促的な意味で不遇だった子。

《デッドリィヘクス》
紫なのに【連鎖】からバウンスできるよ。やったね!
…デッドリィバランスみたく同時破壊なら強かったにゃあ…。

《クイックモスキー》
マッハジーよりもムシャツバメよりもコスパが優れた1コスト【神速】。
シユウも止められるのがデカイ。

《ホワイトアウト》
ネクサスを全部バウンスしてからの【連鎖】で一部バースト封じという(ネクサスデッキには)恐ろしいカードだ!

《槍光機神クーゲル・ホルン》
クーゲル兄貴。
Wシンボルとマジックのパーミッションカウンターがイケメンすぎる武装スピリット。
発進シークエンスが流石のサンライズだった。

《天空の光剣クラウン・ソーラー》
おまえは剣なのか銃器なのかハッキリしろ。
バトル時に自身の【強化】も含めて2体回復するBP補正値が当時最強だった光の白きソードブレイヴ。

《カメロンパン》
2コスではお世話になりました。
いや単純に使っても強いハズだけどさ。

《ブリキタイガー》
リカオーがライフドリームで1ショット出来るよ!

《ライフドリーム》
2コスではお世話になりました。
いやだから普通に使っても強いハズなんだけどさ!

《異海神ディスト・ルクシオン》
胸毛しゅごいのおおぉ。
ブレイヴ条件書き換えは画期的だった。…何がイケなかったんだ?

《深淵の巨剣アビス・アポカリプス》
闇の青きソードブレイヴ。召喚時バーストを踏みにくくなって、木星北斗が歓喜してましたね。
いわゆるヒドラやシードラのお供。他色なら北斗のオモチャ。



こんな感じなのかなー?
では、また次回。

スポンサーサイト

  • 2014.02.02 Sunday
  • -
  • 17:28
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM