<< 剣刃編を振り返ってみよう! | main | 剣刃編を振り返ってみよう! >>

スポンサーサイト

  • 2014.02.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


剣刃編を振り返ってみよう!

ドーモ、ミナ=サン。
westernです。

まだまだ夜も暑い日が続くので、体調だけは崩さないようにしよう(真顔)

今回は構築済みデッキ第2弾「ダークネスファング」を。
タイミング的には「剣刃編を振り返ってみよう!ぃ押廚乏催するわけですが、一応別枠で設定。
以下続きからで。
○「ダークネスファング」
ツルギが闇の赤きソードアイを得た際に手に入れたデッキを完全再現。赤の【連鎖】でプッシュされていた系統・地竜をベースに作られている。
実は、無改造なこのデッキで優勝を狙えるだけのポテンシャルを持っていると個人的に感じたデッキ。実際に当時の構築済みデッキ限定戦では、猛威を振るっていたらしい。
また、パーツ取りとしても優秀で、少し他のエキスパンションからカードを加えるだけで【赤緑速攻】が完成するという。なお、【赤緑速攻】は現在も使われているデッキの1つである。


《ピナコチャザウルス》
《ダーク・ディノニクソー》
三札之術やエクストラドローで拾える緑になれる赤のカード。
どちらも最大軽減0コストで召喚出来るのが◎。

《ブロンソード・ザウルス》
1体でネクサス割りと【連鎖】でコアブースト出来るスグレモノ。
3コスト軽減2という軽さも非常に良い。

《闇龍ダーク・ティラノザウラー》
闇のツルギのキースピリット。
地竜全体パンプアップのおかげでガシガシ攻撃出来るし、この効果で自身の焼き範囲も拡められるのがGOOD。
【連鎖】でうっかりライフを持っていかれることもあるため侮れない。

《暗黒の魔剣ダークブレード》
闇の赤きソードブレイヴ。
ネクサスを割れば1枚ドロー出来て、合体すると指定アタック出来るという効果を見るとライバルのフェニックソードが大きい存在感を放つ。
シンボル持ちでドロー出来る利点をどう感じるか。

《黄昏の暗黒銀河》
地竜全体パンプアップと地竜回復のWシンボルネクサス。
何気に優秀なことが書かれてあるのだ。

《ジュラシックフレイム》
小型焼きと【連鎖】によって1体疲労という、今までありそうでなかったマジック。
速攻の天敵であるヴァルレオを寝かせられるのはとても嬉しい。

《ディノクライシス》
5000まで焼けて【連鎖】で2体回復出来るという詰め性能が高いマジック。
回復対象がシンボル1つのスピリットとあるが、何の問題ですか?何の問題もないね。



こんな感じ。
贔屓目で見て書いてるイメージがあるけど、差し引いても十分過ぎるポテンシャルを持ったデッキであることは間違いないと思うの。

それでは、また。

スポンサーサイト

  • 2014.02.02 Sunday
  • -
  • 18:04
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM